子供との接点を職業にする場合

子供との接点をもつ職業はたくさんありますが、大抵は女性の働き手が多い職場になります。保母さんや幼稚園の先生といった子供に人気の職業は、まさにその代表格と言えます。

これらは、それぞれにライセンスを取らなければならず、短大や大学を経たり、専門学校を卒業し、保育士のライセンスを取ったうえで初めて得ることのできる職業です。

今では、たくさんの人たちがこの職についていますが、意外と、自分もお子さんがいらっしゃる方が多いように思います。

わが子と同様に、保育園に来ている子供たちを保育していく保育士さんたちの努力は子供たちの明るい笑顔で癒されているとはいえ、たいへんな重労働に見えます。

よく、主婦は重労働だといいますが、その中で一番重労働の育児を、複数の子供たちの中でおこなっているのですから並大抵の決意がなければできないのでしょう。

しかも、いわんば他人の子です。自分の子供とはどうしても違いが出てきますし、好き嫌いもあるでしょう。それを押しての仕事なので、いつもその様子を拝見する機会があれば、尊敬のまなざしで見てしまいます。

子供と接する仕事は、男性よりも女性の方がハードルが低いようです。ただ、接するだけでは保育とはいえず、絶えず、見守り、指導していくことを考えると終日気の抜けない職業であると言えます。

普通の会社員であれば、休み時間もあれば、昼休みもあります。机に座っていてもボーっとしているときもあるでしょう。保育士はそういったことが一切できないと思えます。

またアルバイトのように気軽にできる仕事でもありません。アルバイト体験談みたいなので失敗談がいろいろ掲載されていますが、保育士の失敗はイコール子どもの怪我などに繋がるため非常に神経を使います。また次気をつければいいや!という感じにならないんですよね。

子供たちのために頑張る職業としてライセンスの持てる保育士は、大変ではありますが、女性としてアドバンテージを活かせる仕事だと思います。

女性が手に職をつけることの意味

職業に男性も女性もないことはわかっていても、女性だからやりにくい仕事はありますし、女性だからこそ高評価が得られる仕事もあります。

女性が手に職をつける場合、大抵は、女性らしさとして強調される細やかさや、丁寧さを活かして仕事を選ぶ人が多いのではないでしょうか。

そういう仕事が得意な人はいいのですが、女性だからといって、このような人ばかりではありません。意外と手先が不器用な人もいますし、おおざっぱな仕事の仕方が好きな人もいます。

やはり、自分自身に何が向いているかをしっかりと見極める必要があります。

その時に考えなければならないのは、将来設計です。将来的にどれくらいの時間が使えるか、どのようなスタイルで仕事をしていくか、女性だからこその時間の制限やありますので、そのあたりはよくも悪くもしっかりと見極めておく必要があります。

とはいえ、一番は、興味があることを始めることです。

手に職をつけたから、その仕事を行なわなければならないということはありません。とはいえ、自分の趣味で行ってそれを仕事にしようという考えでは身につくものも身につきません。これからの自分の生活において、自信をもって取り組めることを選びましょう。

そして、それが、ライセンスのいるものであれば、それはとてもいいお墨付きになりますので、頑張って取れるよう準備をしていくのがいいと思います。

手に職をつけることは自分に自信をもつことです。自分にとって自信になるキャリアをみにつけたいと考えます。

ネイリストとエステシャン

先日、友人の紹介で、初めて、男性のエステシャンにマッサージをしてもらいましたが、彼が言うには、やはり男性であることはマイナスに影響しているということでした。

確かに、力強いマッサージでしっかりと施術してくれるのですが、男性であることで一瞬とまどったのは確かです。

エステシャンとネイリストは、やはり女性が女性のために施術してくれる特別なサービスのように思います。

体の悩みを話したり、世間話をしながら、マッサージやクレンジング、ネイルカラーを施術してもらうと、体ばかりが心もリフレッシュさせてもらえるため、大変助かります。

実際には、エステシャンは、体力勝負のところがあり、ネイリストは、細かい作業で肩こりがひどいと聞きます。しかし、女性ならではの技術という意味では、とてもアドバンテージを持てる仕事ではないでしょうか。

これらは、独立することもできます。自分の力をしっかりと身につけ、顧客の心をつかむことができれば、どこにいても、少ない資本で自分自身で始めることができますし、グループでスタートしてみるというのも面白いでしょう。

人数や規模によって、器材はできる範囲でやればいいのですし、器材や場所に合わせて提供できるメニューを考えればいいと思います。

そういう意味でも自由がきいて、かつ、女性がターゲットのビジネスであるので、手に職をつけたいとお考えの方で、このような仕事が好きな人は一度検討してみるのもいいかもしれません。